©2019 by Wakana Goto. Proudly created with Wix.com

 
  • Goto Wakana

「わかっちゃいるけどやめられない」を治す

Updated: Sep 2, 2019


7月4・5日、と、千葉県の下総精神医療センターにて、条件反射制御法の研修を受けてきました。

条件反射制御法は、

薬物使用やアルコールギャンブルなどの

いわゆる依存と呼ばれる

「わかっちゃいるけどやめられない」を

治すことができる治療法なんです。

病的窃盗や痴漢、ストーキングなどの

行為をやめられない人にも、

同じように効果を発揮します。


社会的問題行動や逸脱行動をやめられない人は

「特定の行動」を制御する事ができなくなっています

それを治すことができるのが、この条件反射制御法です。


最近では、反応性抑うつ、PTSDなど

自律神経症状や、望まない気分を制御するのにも

強い効果を発揮することがわかって

虐待のトラウマなどを抱える人への

治療に用いられています。


千葉の下総精神医療センターの

平井愼二先生によって開発

(平井先生ご本人は「発見」と言いますが)

された、画期的なこの治療法。


日本、いや世界的にも

他に類を見ない効果のある治療方法です。

すっごく簡単にいうと

脳に条件付けをするような

トレー二ングをして

やめられない行為に対する欲求を

段々取り除いていくのです。

薬で治すのではないです。


この技法を用いた治療を

導入している施設は

医療機関や刑務所など

まだ少ないけれど着実に

広まっているようです。


しかし、厚生労働省のウェブサイトは

「依存は、回復はできても、治癒はない」

として、認知行動療法を推奨しています。 これは、間違っています。

ちゃんと治癒できて

社会復帰して自立している人も

大勢いる条件反射制御法の存在は

厚労省のページには出てきません。

その代わり、「治癒できない」

と認めている「認知行動療法」を紹介しています。

なんでなんだろう???


苦しい生活から抜け出せないでいる

当事者や、家族は

世界中にたくさんいます。


治らなくてもせめて「回復」

しようと、認知行動療法を

受け続けている人も

たくさんいると思います。

痴漢やストーキングなどの行為を

やめられない人は特に、

加害行為をし続けるという事ですし

治ってもらわなきゃ困ります。 治療が必要な人みんなに

届けないといけないです。


早く、条件反射制御法が

世界に広まりますように。

たくさんの人が救われて欲しいです。

私自身も現在研修を一部修了して

11月には実践者としての

ライセンスを取る予定です。

それに、自分自身にも

この条件反射制御を用いて

みたいと思っています。

たくさんの人に知って欲しいし

自分もちゃんと説明できるようになりたいので

今後とも発信していこうっと思います。

条件反射制御法のこと、詳しくは下記のリンクから↓ どうぞ



https://shimofusa.hosp.go.jp/training/riron/hitonokoudougenri_joukenhanshaseigyohou.html

39 views